2019新春 ふんわりシルクWフェイスマフラー #5



2018年12月7日(金)

(#4より続く)

それからしばらく時間が経った。
最初のサンプルは、箱に戻されたまま。
行きも戻りもせず、
ニットマフラー作りは棚上げになっていた。

2017年のニットの展示会に足を運んだ。
例の工場さんに会うためだ。
マフラー作りをどうにか進めたいと思っている。

「どうしたらいいでしょうね。」
「うーん、そうですねぇ。糸は変えたほうが良いかも。」
「そうですね。でもどんな糸がいいでしょうかねぇ。」

会場を回ってみた。
マネキンに人だかりがしているブースがある。
愛知県の糸の専門会社だ。

こちらも、業界では有名。
上質で個性的な糸を次々に開発している大手企業。
harukiiもすでに織物のストールで、この会社の糸を使用している。

ブースに入り、社員の方に
「柔らかくて肌触りの良い糸を探しているんですけれど。」
と、聞いてみた。

「じゃぁ、これがおススメです。」

その人は、私を人だかりがしていたマネキンに案内し、
「触ってみてください」と、セーターを指差した。

なんと!
とろけるような柔らかさ。
なんだなんだ!?

「この糸、何ですか!?」
「シルクの糸です。」

「シルク? シルク100%ですか?」
「はい、シルク100%です。他に何も混ぜていません。」

なんと!
シルク100%でこのふんわりした暖かさは何だろう。

「簡単に言えば、糸の表面を毛羽立たせてあって、
 それでふわっとした感触になるんです。」

これだ! この糸だ!
この糸だったら、あのマフラーができるかもしれない!

「ちょっとちょっと、来て下さい。」
早速ニット工場さんをブースに引っ張ってくる。

「この糸で、マフラー編めますか?」
「あぁ、編めると思いますよ。」

あぁ、この糸なんだ。
やっと見つけた!

びっくりマークがたくさんついてしまったが、
この糸に出会ったときの私の頭の中には、
もっとたくさんのびっくりマークと、
それ以上のハートマークが並んでいた。

その場で色を決め、糸を発注し、
2回目のサンプルづくりをスタートした。

(#6に続く)


2019新春 ふんわりシルクWフェイスマフラー #1

2019新春 ふんわりシルクWフェイスマフラー #2

2019新春 ふんわりシルクWフェイスマフラー #3

2019新春 ふんわりシルクWフェイスマフラー #4

2019新春 ふんわりシルクWフェイスマフラー #6

0 件のコメント: