ご家庭での洗い方: ふんわりシルクWフェイスマフラー






こちらの製品はシルク100%の糸で編んであります。
糸の表面に特殊な技術で毛羽が立たせてあり、ふんわりした肌触りが特徴です。
この特徴を活かすため、密度を甘く編んであります。
手洗いをするとマフラーが全体に伸びやすく、形が崩れしやすいため、基本的にはドライクリーニングを推奨しております。

それでも「伸びてしまうことや型崩れは気にしないので、自宅で洗って気持ちよく使いたい」という方は、ご自宅での手洗いをお試しください。
風合い良く、ふんわりとした使い心地が戻ります。

******************

【用意するもの】
  ・洗濯用ネット袋
  ・ウール、シルク用洗剤(=おしゃれ着用洗剤)
  ・容器(洗面器など)
  ・ぬるま湯20度くらい
  ・バスタオル
  ・ひら干し用ネット(無い場合は、上記と別のバスタオル)

【洗い】
1)マフラーを2~3回畳み、洗濯用ネット袋に優しく入れる。
2)容器にぬるま湯を入れ、洗剤のパッケージに記載してある量の洗剤を加えて溶かす。
3)容器にネット袋に入れたマフラーを入れ、上から両手で静かに押す。2~3回繰り返して押し、マフラーに染液をしっかりと吸わせる。※揉んだりこすったりしないでください。
4)マフラーから空気が出なくなったら、そのまま15分放置する。
5)マフラーをネット袋のまま容器から取り出し、優しく脱水機に移し、15秒ほど脱水する。※脱水機がない場合は、このまま【すすぎ】に進みます。

【すすぎ】
6)容器の洗液を捨て、新しいぬるま湯を入れ、上から両手で静かに押す。泡が出なくなるまで、ぬるま湯を変えながら2~3回繰り返す。
7)マフラーをネット袋のまま容器から取り出し、優しく脱水機に移し、15秒ほど脱水する。※脱水機がない場合は、このまま【乾燥】に進みます。

【乾燥】
8)絞ったマフラーを静かにネット袋から出し、バスタオルの上に優しく広げる。
9)バスタオルでマフラーを挟み、タオルの上から優しく押して、残った水分を吸い取る。
10)ひら干し用ネットに優しくひろげ、陰干しする。※ひら干し用ネットが無い場合は、平たい場所に乾いたバスタオルを広げ、その上にマフラーを広げて乾かしてください。


******************

ご注意!

◆シルクは太陽光や摩擦に弱いので、干す際は陰干しで自然乾燥させます。乾燥機は使わないでください。

◆マフラーが伸びるのは、濡れた状態の時に水の重力がかかるためです。押し洗いの際、運ぶ際、広げる際、干す際はなるべく平らのまま行ってください。

※ご参考:弊社で吊り干し(干し竿に直接掛けて垂らして干す)をしたところ、幅が1cm、長さが5cm程伸びました。汚れが良く落ち、柔らかい風合いはそのままでした。

◆洗う頻度は、基本的には1シーズンに1回(シーズン終わりに仕舞う前)ですが、特にご使用頻度が高い場合や、汚れがひどい場合は、回数を増やしても構いません。

◆何度か手洗いしたあと、肌触りが固くなったと感じた場合は、ウール用の柔軟剤をご利用ください。

◆洗剤、柔軟剤がお肌に合わない場合は、普段お使いの頭髪用シャンプー、コンディショナーをお使いください。その場合、すすぎは多めにしてください。

******************

いつまでも気持ちよくお使い頂けることが、harukiiにとって何よりの喜びです。

harukii
株式会社はる希
https://harukii.jp/