◆素材についての考え◆



harukiiは、商品の原料を選ぶとき、
ウールやシルクといった天然素材を使うようにしています。

その理由は二つあります。


『 その一 素材が劣化しないこと 』

企画者である私自身が日頃感じていることですが、
天然素材100%の衣服は、
素材の持ちがとても長いように思います。
例えば、ウールのセーター。
何年か着ていると、手口の糸が切れたり、
肘の部分が薄くなったりします。
でもこれは、毛の繊維の性質が変化したのではなく、
徐々に細かい繊維が抜けていき、
糸が痩せ細ったために起こることです。

昔の人はよくそうしましたが、
傷んだセーターは糸をすべて解き、
蒸気を当てて、ふっくら再生させて、
また新しいセーターを編みました。
それが何度もできる繊維です。

絹も綿も麻も、同じように
古びる=繊維が抜けて糸が痩せる
ということで、繊維の質が劣化することではありません。

上質な天然繊維であれば、
むしろ時間を経て繊維が育つ、ということもあります。
綿や麻、絹などで経験された方は多いのではないでしょうか。
「よりしなやかになった」ということを。

使い続けたストールやスカーフが、
買ったとき、貰ったときよりもっと優しく自分を守ってくれる。
もっと頼りになる。
それが、その品物にとって一番幸福な役目なのではないかと思います。


『 その二 農産物であるということ 』

ストールの仕上げ処理をしている時にいつも思います。
「このストール一枚に、一体何頭の羊やカシミヤ山羊、
お蚕さんたちの力をもらっているのだろう」と。

春夏の商品なら、
「一体何本の綿や麻の命が入っているのだろう」と。

羊も蚕も、ワタも麻も、大地からの栄養を吸い込んで育ちます。
そうして逞しく育ったものだけが、
繊維の原料になり、採集され、
多くの人の手と知恵と経験を経て、糸になり布になり、
今ここに私達の手の中に来るのです。

仕上げ作業は、とても楽しい仕事です。
なぜなら、素材がとても優しいからです。
その素材を切ったり糸を抜いたり、
ネームを縫い付けたりしながら、
私は大きな幸せを受け取っています。
それは、辿って行けば、大地からのプレゼントなのだと思います。

豊かな大地の栄養で体を守る。
だからこそ、それに触れたときに
深い安心感に包まれるのではないでしょうか。

そのような理由で、私は農産物である原料を使うことは、
使えるということは、
とても有難いことだと考えています。


今後もharukiiは大地から命を頂く天然素材を
大切に使わせて頂き、
安心できる製品を作っていきたいと思っています。





0 件のコメント: