2019新春 ふんわりシルクWフェイスマフラー #2



2018年12月7日(金)

(#1から続く)

ニットの工場さんたちが集まって
毎シーズン展示会を開いている。
そこに参加している工場さんを
知人に紹介してもらった。

「今年こそいよいよマフラーを作ろう!」

2年前のことである。

何社か参加している展示会ではあるが、
私はすでに紹介してもらった工場さんに決めていた。

知人に
「細番手(細い糸)を編んでいる工場。
 生真面目に仕事をする会社。」
それだけを条件に選んでもらった会社である。

技術がいいとか悪いとかは問わない。
というより、そもそも日本の工場でこの時代に生き残っているなら、
技術力が高いに決まっている。
それより、技術力以外の所でも
きちんとしている。
それが、一番必要で、
長く付き合える会社である。

展示会で初めてその会社の社長さんと
名刺交換をした。
「○○さんに紹介して頂いたはる希と申します。」
話は通じていた。

商品をいろいろ見せて頂いた。
婦人服のミセスものを中心に作っている。
シンプルながらも洗練されたデザインの数々。
シンプルだからこそ丁寧な仕事が際立つ。
一目で高級品と分かった。
オリジナルブランドも展開していらっしゃるという。

残念ながら、ストール、マフラーの類のサンプルはない。
そういう商品は作っていないとのこと。
しかし、問題はない。
巻き物は言って見ればただの四角の生地で、
単純な製品である。
これだけきちんとした洋服を作る会社なら、
harukiiの商品を発注するのに、
安心してお任せできる。
やはり製品を見て、安堵した。

さぁ、工場は決まった。
あとは素材だ。


ニット工場の風景

 ▼高機能設備の整った編工場。掃除が行き届いている。
 
 ▼検品工程。製品を一枚ずつチェックする。
 
 ▼修正工程。検品によって発見されたキズなどを一つ一つ丁寧に修理する。

(#3に続く)


2019新春 ふんわりシルクWフェイスマフラー #1

2019新春 ふんわりシルクWフェイスマフラー #3

2019新春 ふんわりシルクWフェイスマフラー #4

2019新春 ふんわりシルクWフェイスマフラー #5

2019新春 ふんわりシルクWフェイスマフラー #6





0 件のコメント: